38歳からの「Best Life」構築ブログ
Maiden-Theater - アーティスト写真撮影会で学んだ、最近のスマホアプリの加工技術が凄い
創作活動
創作活動 - アーティスト写真撮影会で学んだ、最近のスマホアプリの加工技術が凄い
タグ: カラオケスマホ加工技術撮影会音楽

アーティスト写真撮影会で学んだ、最近のスマホアプリの加工技術が凄い

先日チラッとSNSの方でお話していたアーティスト写真撮影会が終わり、カメラマンさんの最終選別を経た写真たちが手元に届いたので、今日は撮影話をしたいと思います。

撮影会の目的

ブログ記事内ヘッダー

今回、なぜ一般人の私がアーティスト写真を必要としたのか。
それは、某カラオケアプリの企画で、オリジナル楽曲を提供しますというお話が発端です。
その審査に無事に合格し、デモ楽曲ができあがり、編曲と作詞を担当させていただき、仮歌を入れる段階まで到達した際、運営の方にアーティスト写真を数枚下さいと言われたためです。

オリジナル楽曲が出来上がると、アプリの中でイベントが開催され、そのイベント用のバナーや楽曲の初期カバー写真に使用される予定です。

また、今後、そのカラオケアプリの公式サイトや広告にも使用される可能性があるため、変な写真を送ってしまったら大変です。

ある程度、運営側でも加工や合成はしてくれるでしょうけれど、少しでもいい写真を提供したいと思うのは私のエゴでした。

撮影会準備

Image 1 E1686889473618 1
Image 2 E1686889542149 1

撮影の日程は2023年6月9日(金)の昼。
撮影場所は都内のレンタルスタジオをお借りすることにしました。

カメラマン「なつみん」。
ヘアメイク「トビちゃん」。

この二人、本当に素晴らしい腕前でした✨

ZoomとLINEで打ち合わせを行い、当日はトビちゃんと13:00~事前打ち合わせ。
メイクのイメージと、実際の私の顔パーツやフェイスラインを観察していただきました。

事前に資料17枚を作成し、「こんなイメージにしたい、これはイメージと違う」など、準備を済ませていたことも功を奏したと言えるでしょう。

撮影会当日ヘアメイク

スタジオの場所が分からず迷子になりながらも、なんとか到着!
5階までの階段は本当にキツかったです。

大型のキャリーケースを155cmにも満たない子が持って上がるのは大変。
息が上がってヘロヘロでした(笑)

しかし、その努力は直ぐに報われます。
到着した扉の向こうに広がる素敵な空間は最高でした。

撮影開始前に3人でパシャリ!

ヘアメイクとびちゃん、カメラマンなつみん、被写体Haiziでオフショット
カメラマン「なつみん」ヘアメイク「トビちゃん」と被写体「Haizi」

ここのスタジオ、なんと女優ミラー!
とっても雰囲気があって、ここの前でも撮影しちゃったくらいです(笑)

ヘアメイク中のシーンすらも「いい!とってもいい!!」と言いながら撮ってくれて、こういう準備風景を残してくれる気遣いって「ただの仕事」と思っている人には出来ないことだから、楽しんで仕事をしてくれているんだなって感じられて、誘って良かった、お願いして良かったと、こっちも嬉しくなりました。

ヘアメイク中のワンショット
カメラマンの愛を感じる一枚

ヘアメイクのトビちゃんも優しい手捌きから施される技術が、どれも素晴らしかったです。
眉毛だけ書いて、アイメイクがまだの状態の時は少し不安になりましたが、全部終わればこの通り!

私好みの素敵な男性メイクの出来上がりです。

新宿に出没したい「男性バージョン」

Img 3069 768x512
Img 3084 768x512

撮影は「男性バージョン」から始まりました。

最初は赤いジャケットを着て、女優ミラーの前で。

鏡越しでカメラのレンズに目線送るの難しぃ~!!
そして終始笑顔のなつみんが褒めてくれる度に、嬉し恥ずかしで笑っちゃいけないところでもつい口角がニヤニヤ(笑)

次は場所を移動してパシャリ。

Img 3085 683x1024

この本は開くと小物入れになっていて、とても素敵なアイテムでした。
メイクの力で鼻筋ピーン!そしてなんとも中性的な印象!

トビちゃん、最高ですよ💕

ここでカメラマンの技が光る!!

日中で雨上がりで天気も良く、白のレースカーテンに挿し込む柔らかな逆光を使って格好いい写真を撮ってくれました!

Img 3071 683x1024
Img 3075 683x1024

ヤバくないですか!?
990円のジャケットじゃなく、もっといいジャケットにすればよかった~!と後悔するほど。

これがカーテンの前だなんてびっくりです。

そして、次は私がこのスタジオで一番気に入った壁の前です。

Img 3078 683x1024
Img 3080 683x1024
Img 3073 683x1024

この背景、部屋の壁に直で設置されているんです。
はぁ~カッコいい壁紙(うっとり)……。

赤いジャケットを脱いで、赤いネクタイを外し、第二ボタンまで開けてから黒いリボンタイをくるっと巻きました。
私は首が長い方ではないので、首周りをV字に開けつつ、ゆるッとしたものを巻くと長めに見えます。

キャバレーとレトロが合わさる「女性バージョン」

男性バージョンで盛り上がり過ぎて「女性バージョン」の撮影時間は30分とちょっと。
時計を見て慌てて衣装とメイクチェンジ!

なんと10分でメイクチェンジを完成させるというトビちゃんの神業!

まずは全体の引き絵から撮影。

Img 3077 683x1024

女性のポーズむっずっっっ!!

カメラマンなつみんの指示を聞きながら、座ったけれど、足の置場と確度がどうしても指示通りにできず、最終的には足を掴んで移動してもらう始末(笑)

そしてその隙にスタジオにあった小物のお花を束にして渡してくれるトビちゃん。

この見事な連携プレーによって出来上がった一枚です。

実はこのドレスは、去年の夏、友人の結婚式に来ていく予定だったのです。
ですが、その頃の私は体調も精神状態もMAXでヤバくて、出席してご祝儀を渡したものの、待合室で体調が悪くなり、そのまま過呼吸を起こしてこっそりと式場から運び出されてしまいました。
(式場の方の神対応により、新郎新婦にご迷惑を掛けなかったことだけが唯一の救いです)

そこから着る機会がなかったドレスが、こんな風に役立ってくれて、本当に嬉しいです。

さて、話を戻して次はアップから2枚!

Img 3072 683x1024
Img 3082 683x1024

なんかもう、うんざりするほど私の顔ばっかりでごめんなさいね(苦笑)
でもそういう回だから!今回は!

今までの私にはあり得ない過去イチ女っぽい私がここにっ!

いったいどれほどのシャッター回数の中から見つけ出してくれたのでしょうか。。。
本当に感謝の念が堪えません。

スマホアプリの技術が凄すぎる!撮影後の加工大会

撮影が終わってからも、カメラマンにはお仕事があります。
まずは大量に切ったシャッターから、使える写真を選別する作業です。
(きっと他にもたくさんの作業があったことでしょう)

手元に届いた写真から、今度は私が更に絞り込みを行います。

未知数⇒79枚⇒33枚⇒16枚

この16枚を加工、編集しました。
(加工はカメラマンなつみんの許可を取ってます(感謝))

最近のスマホアプリってすごいのね!
びっくりするほど精密に処理してくれました。

実はこの記事で今まで掲載した写真はどれも加工済のものです(笑)

さぁさぁお待ちかね。
私の加工の腕を篤とご覧あれ!(ジャジャーン!)

スクリーンショット 2023 06 16 122527 768x255
左が加工後、右が加工前。たるんだ頬を持ち上げ、肌の色を調整し、口角を持ち上げ、色調補正をしたもの。

15年前、私がまだWebデザイナーになりたてだった頃は、写真加工はこんなに簡単ではなく、Photoshopのシェイプ移動で点を1つずつ移動するようなことをしたり、指先ツールで寄せたりして、周囲の背景がよれてしまったりと大変でした。

ですが、今はスマートフォンのアプリで簡単に加工が出来ちゃいます。

しかし、加工をするのは少し抵抗もあります。
真実を捻じ曲げる行為であるとも取れますし、何よりカメラマンに失礼なのではないかとも思うからです。

ですので、今回、加工する事に関して快く承諾してくださったカメラマンのなつみんには本当に感謝しています。

まとめ

今回の撮影会、本当にお二人に声を掛けて良かったと思いました!

この3人、集まったらまぁ~~~~~楽しい事!

話も止まらないし、終わった後に井戸端会議と言わんばかりにお話ししていたらあっという間に1時間経過!撮影中も終始笑顔で、なつみんのコミュ力の高さが群を抜き、それぞれが己の仕事を速やかに進めつつも、現場は女子会のようなパッと華やかなものでした✨

撮影後、なつみんは夜の現場へ!(ほんと忙しい方なのよ)
トビちゃんは今回のヘアメイクのお礼も兼ねて、家の近所のホルモン焼き屋さんへ!

「ホルモンの概念変わるわぁ!」

と絶賛いただき、自分の店でもないくせにドヤ顔してました(笑)

またこの3人で撮影会がしたいです!

しかし、加工していて思ったけど、7kgダイエットしたくらいじゃ全然足りないですね(涙)
折角、いいカメラマン、いいヘアメイクがあっても、私が台無しにしたような気がして申し訳ない💦

加工に頼らずにイケメン、イケ女になれるように、これからも日々努力します!

創作活動 - 記事一覧


無料の資料請求はこちらから

お問い合わせ

Maiden-TheaterはWeb制作だけじゃない猫の手フリーランスです。
まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください!